ドコモの新料金プラン(2980円)の狡猾さ

ドコモ、5Gも利用できる月20GB/2980円の新プラン「ahamo」発表(ケータイ Watch 12/3)

ドコモが新料金プラン「ahamo(アハモ)」発表しました。
ahamoは月2980円(税抜、以下の価格は全て税抜価格)、データ容量20GBの料金プランで、通信は4Gと5Gに対応。データ容量超過時には速度制限が掛かり、速度制限時には最大1Mbpsでの通信となる。 追加データ容量も用意されており、1GBあたり500円となる。
通話は1回5分以内の通話が無料、ただし、0570、0180、188、189、番号案内、衛星電話などへの発信は対象外。また5分超過時には20円/30秒の通話料が発生する。月1000円の国内通話かけ放題オプションも用意される。
SMSは1通あたり3円
申し込みはオンライン限定、店頭受付無し。支払いは口座振替またはクレジットカード払い。
契約は個人の20歳以上が可能。20歳以下の人は親権者の契約の上で利用者登録が必要となる。契約にはdアカウント必須。法人契約不可
キャリアメール無し
海外でも20GBのデータ容量が適用。
テザリング無料。
2年契約や解約金、新規契約事務手数料、機種変更手数料、MNP転出手数料が無料。1000円利用でdポイント10ポイント。
サービス提供開始は2021年3月。
既存の料金プランは12月中にあらためて見直しが発表されるっぽいです。

さて、ドコモが狡猾なプランを投げてきましたね。
スゴいプランじゃなくって、狡猾ですよこれ。

何が狡猾かって、まずデータ容量20GB、これが狡猾。
今のドコモでスマホ向けのサービス、特に映像コンテンツなどをガンガン使えば20GBなんて1ヶ月ももたないです。
つまり1ヶ月の内で1Mbpsでの通信をする期間がある人が結構いると思われます。トラフィック下げられるねー。
んで追加容量が高い。1GB500円って、利用しているサービスで速度が足らずに10GB追加したら+5000円、30GBで月7980円。儲けるねー。

次に費用の圧縮、これがものすごい。
店頭受付無しにしてオンライン限定、これでショップに払う費用をゼロに出来ます。近頃CMで「オンラインで簡単に出来る」みたいなことを言っていますが、あれってユーザーメリット以上にドコモ本体がショップに支払う費用を抑える効果の方が大きいですからね。ドコモ的には美味しいねー。
これなら新規契約や機種変の手数料など取らずとも平気だねー。
ついでに言えば、これって結局自分で出来る人だけ契約可能でそうじゃない人は締め出して、事実上の利用者を絞る事ができて、ずっこいねー。

そしてキャリアメール無し。楽天モバイルUN-LIMITEDではお馴染みですが、大手キャリアの音声通話プランでは初じゃないかな?
まぁAndroidやiOSの方のメアドあるから困らないけれど、キャリア的には政府に「キャリア変わってもメアド変わらねーよーにしろー」という無茶振りを回避できますし、上手いよねー。

何より、これなら料金的には政府の求めをクリアしているし、しかしながら契約できるユーザーは事実上限定した上で「でも誰でも個人でできるはずだもん」って言い張れるし、おまけに2980円でおさまる人は20GBを超えない人だけで、いやいや、狡猾だねー。
これは簡単には文句付けられないし、一般の人でも「これで楽天おわたー」とか安易に言ちゃいそうな感じで、これまでのドコモとは思えない超狡猾プランに仕上がっていますよ。

今回のこのプランで一番影響を受けるのは、実は楽天モバイルではなく、ドコモ網利用のMVNOです。だってドコモ網利用のMVNOで20GBを契約している人は、MVNOが用意したメアドが使える以外にメリットがありませんから。
それどころかMVNOで10GBぐらいのプランの人だって、今回のドコモのアハモの方がメリットがあるかも知れないんですよ。
つまり今回のドコモのアハモは、MVNOを5GB以下の低容量ぐらいしか選択肢がないということにしてしまう爆弾なんですよ。
てことはだ、auやソフトバンクの動き以上に、MVNOの動きにも注目しないといけない、ってことになります。

これはなかなか面白い展開になってきましたね。

楽天モバイルとしては今以上にさらに前倒しでエリア展開をして繋がりやすさと速度の向上に努めねばならない状態となり、auとソフトバンクはプランの見直しを検討し、そしてMVNOは頭を抱えてさらなる個性を打ち出さねばならない。

変な方向になってきましたね(笑)。

りうか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。